スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットを利用したリアル書店での本の買い方

2011年03月10日 06:55

だから、新書を読みなさいだから、新書を読みなさい
(2009/09/11)
奥野 宣之

商品詳細を見る


↑は今回のエントリの参考本。
新書を読め!ではなく、本の買い方での参考なのであしからず。

読みたいときにたくさん読める幸せのエントリで本を何冊かまとめて買うという話をしましたが、知り合いから「具体的にどんな本を買うのよ」と質問を受けたため、自分の本の買い方なども含めて一度ここにまとめたいと思います。

-----
本を買うおおまかな順番は以下の通りです。
1. 買いたい本をリストアップする (新聞やネットの書評など様々なところから)

2. 本の情報を集める (ネット)

3. 買う (書店、ネット)

各項目の詳細です↓
1)
自分が買う本というのはタイトルで衝動買いする本に加えて、色々な人のブログだったり、読書メーターだったり、何かの本で紹介されてた本だったりと、多岐に渡ります。
なので、とりあえず気になった本(のタイトル)をどんどん集めていきます。 そして集めた本はAmazonのほしい物リストや読書メーターに登録したり、EverNoteにタイトルを書いたりします。
ここでは一旦登録してしまえば管理や検索が非常にラクになるという意味で、Amazonのほしい物リストに登録することが多いです。

2)
ある程度数が集まったら、次は本の情報を集め。
情報というのはタイトルや出版社名、著者、あとは新書の場合は番号です。実際の書店では、新書は出版社別に番号順に並んでいるため、この情報を知っておくと非常に見つけやすくなります。
また情報集めは、オンライン書店の検索で行います。
個人的にはセブンネットショッピングの詳細検索が最強かなと思ってます。
(この辺の詳細は冒頭の参考書: だから、新書を読みなさい に書かれてます)

調べた情報はEverNoteやメモ帳にでも書いておき、書店で参照できるようにしておきます。
※ただし「必ず買う」と決めたものはこの段階でネットで買ってしまうこともあります

3)
最後はリアル書店にて。目的の本の在り処は調べた情報を基にして探せば大体はすぐ見つかります。
で、実際にパラパラと読んでみて買うか買わないか決めます。

目的の本を精査し終わったら、ついでに気になったタイトルを数冊買っていきます。
あえて普段読まないようなジャンルの本に手を出すと面白いかもしれません。


以上です。
本を買う際の参考にでもして頂けたらうれしいです。
関連記事


ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
にほんブログ村
にほんブログ村のランキングに参加してます。↑をポチッと押して頂けるとすごく嬉しいです!

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sunbeat11th.blog134.fc2.com/tb.php/98-8776c797
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。