スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

止まってたまるか

2011年02月26日 20:34

学生時代の恩師、神永先生のブログエントリ「止まると死ぬ。」にビビッときました。
もう100%肯定するくらい。


このエントリで言われていることは続けていたことをやめてしまったら、時間が経った後に再開しても以前に続けていた時の状態を取り戻すのには多大な労力と時間を必要とする、ということ。

これは自分も前から思っていたことです。

身近な例を挙げるすれば、まず仕事。
文章やプログラムコードを「ノって」書いているときに、電話が掛かってきたりして急に作業が中断してしまう。
そして再開したときはその「ノっていた」ときに調子にはもう戻れない。
(電話の場合はしょうがない面もありますけどね)

また、分かりやすい別の例を挙げるとすれば、勉強ですかね。
学生時代、試験前なのに勉強をしたくない。やらなきゃいけないことは分かってるけれど、やりたくない。
勉強を始めることに毎回小さな決意(?)が必要で、大層エネルギーを使った気がします。
更に、中断して漫画でも読み始めたものならもう戻れません。


このような例はわずかな時間の中断です。短い時間でこうなるのですから、半年、1年と中断してしまった場合はどうなるかはもう想像が付きますね。

勿論、中断・気分転換は必要なものです。同じ事ばかり長く続けてしまうと嫌になってきます。
(その代表的な例は、日曜日などの休日ですね)
ただし、それらは続けてることをさらに良いものにするための要素だと思います。

だから、今続けてることがあるなら、どんなことでも、正しいと思ってやってることならやめない方が良いと思います。
スポーツでも、勉強でも、どんな趣味でも何でも。
おそらく、それを続けることが自分のためでもあります。

色々な誘惑はあると思います。疲れてしまったときもあると思います。
その時はこう思いたいです。
止まってたまるか、と。
関連記事


ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
にほんブログ村
にほんブログ村のランキングに参加してます。↑をポチッと押して頂けるとすごく嬉しいです!

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sunbeat11th.blog134.fc2.com/tb.php/92-f518fc3b
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。