スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCR 使いこなせない自分

2011年01月10日 17:47

EDIROL MIDI KEYBOARD CONTROLLER PCR-500EDIROL MIDI KEYBOARD CONTROLLER PCR-500
(2007/02/23)
エディロール

商品詳細を見る

MIDIキーボードのPCR-500を使っています。
これは少し前までEDIROL・CalkWalk系の主力のキーボードで、鍵盤部分に加えてコントロールサーフェースを搭載していることがウリになっています。

しかし、自分はコントローラの類をあまり使用せず、ほぼマウスとキーボードのみでその代用を行っています。
(再生や録音ボタンは使っていますが、フェーダなどはマウスのみです)

鍵盤部分を使うことが一番の目的なので別にこれでもいいかもしれませんが、何か少し損している気がするのです。
そんな気がして時々、コントローラ部分を色々弄ってみるのですが...

やはりしっくりきません。

フェーダーはいいのですが、A1やB1などのボタンでポチポチとトラックを切り替えて選択というのがなかなかなじめません。
現場で実際に作業されている方はこういったコントローラの類の方が使い勝手が良いかと思いますが、宅録オンリーな自分にはなかなか使いこなせないようです..。

加えてもう一つの悩みとして、マウスとPCのキーボード、MIDIキーボードを机の上に乗せると、どうしても机の上がせまくなり、ごちゃごちゃして作業が進みにくくなってしまいます。
腕が机の上に置けなくなるため、なんだか肩がこり易くなる気がしますし..

こんな感じの広い机があれば、置き場にも困らないと思うのですが...



まだまだ使いこなせる日は遠そうです。


最後に余談。
この製品を購入してから2年程経つのですが、システム・プログラムのバージョンを確認したところ、最新のバージョンが適用されていませんでした。そのため、最新の1.05のアップデータをダウンロードして適用しました。
出荷時はシステムのバージョンが1.04になっている可能性があるため、注意が必要です。


アップデートの際に製品裏のバーコードを剥がす必要があるのですが、これがまた剥がしにくいです。スイッチの部分だけ剥がしたほうが得策かもしれません。
PCR01_1.jpg
画像: アップデート

また、PCR Editorというものがあって、これを使うことで自分の好きなようにコントロールマップを作成できます。
非常に便利だと思うのですが、自分はこちらを使わず、デフォルトのままの設定で使用しています。
このPCR EditorはVista用で、自分のPCのOSはWindows 7(64bit)なのですが、問題なく使えました。
ローランドのサポートページ にも書いてあります。

関連記事


ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
にほんブログ村
にほんブログ村のランキングに参加してます。↑をポチッと押して頂けるとすごく嬉しいです!

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sunbeat11th.blog134.fc2.com/tb.php/58-8853cfaf
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。