スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルド門侵犯 プレリレポート(2013/01/26)

2013年01月27日 23:40

ギルド門侵犯 プレリのレポートです。
ラヴニカへの回帰のときと同じく、町田のgccさん主催の大会に参加しました。

時: 1/26 午前の部
場所: 和光大学ポプリホール鶴川

-----
デッキ構築

参加費用は3000円。
選択したギルドはディミーア。
ギルドの人気はボロス > シミック > オルゾフ = グルール = ディミーアの順で、ボロスは抽選になりました。
(定員11名のところを15名くらい希望していたようです)

さて、パックを開封したところレアは《ディミーアの黒幕ラザーヴ》 《反乱の始源体》 《踏みならされる地》 《天使の散兵》 《宝庫のスラル》 《派手な投光》でした。
なんとギルドブースターからはディミーアのギルドマスターが登場。

デッキは以下の通り。
15 クリーチャー
-----
1 影小道の住人
1 大都市のスプライト
1 第6管区のワイト
1 ザーメクのギルド魔道士
1 賢者街の住人
1 死体の道塞ぎ
1 死教団のならず者
1 破滅小径の仲介人
2 ドレイク翼の混成体
1 鍵達人のならず者
1 ディミーアの黒幕ラザーヴ
1 ディミーア家の恐怖
1 破壊的な逸脱者 (プレリリースカード)
1 反乱の始源体

8 スペル
-----
1 死の接近
1 予言のプリズム
1 束縛の手
1 外出恐怖症
1 ディミーアの魔除け
1 心理的打撃
1 忌まわしい光景
1 シミックの魔鍵

17 土地
-----
7 島
6 沼
2 森
1 ディミーアのギルド門
1 シミックのギルド門

サイドボード(主なもの)
-----
1 鍵達人のならず者
1 ディミーア家の恐怖
1 水形
1 帰化
1 聖堂の護衛
1 宝庫のスラル
1 天使の布告
1 処刑人の一振り
3 平地
1 オルゾフのギルド門

ライブラリーアウトがやりたくてディミーアを選択しましたが、思ったほどカードが集まらず。
なお、3色目は低マナ域生物の拡充のため緑に。
ただし白の除去が多かったため、白か緑かで最後まで悩みました。

以下、対戦レポートです。

ROUND1 vsグルール(赤緑)+白

1戦目:
こちらマリガンし、後手スタート。
初戦から残念なことにこちらの土地が2枚で止まってしまい、グルールのクリーチャー軍団をどうにもできずに敗北。
抵抗は《ディミーアの魔除け》くらい。

2戦目:
相手ダブルマリガンし、こちら先手。
相手はダブルマリガンながらも土地が伸び、《旧き道の信奉者》と《くすぶり獣》を展開。
対するこちらは《賢者街の住人》を展開し相手のライブラリを削る。
(意外とこの《賢者街の住人》の2/3の守りが堅く、相手は攻めあぐねてました)

そして更にこちらが《破壊的な逸脱者》を展開すると、《賢者街の住人》とのコンビで猛烈に相手のライブラリーを削り始め、 最終的には《破壊的な逸脱者》が21/21になり、相手が投了。

3戦目:
互いにマリガンなしでこちら後手。
こちら《ザーメクのギルド魔道士》や《死教団のならず者》などを展開し、 相手は2戦目と同じく《旧き道の信奉者》と《くすぶり獣》のコンビを展開。

《旧き道の信奉者》のパワー2+先制攻撃が意外といやらしく、《くすぶり獣》との組み合わせもなかなか絶妙でした。
これらによりこちらのライフが6まで減らされるも、《ディミーア家の恐怖》や《束縛の手》の暗号化 + 《死教団のならず者》で 相手クリーチャーを止め、ようやく場を掌握。

しかし、ここで相手はなんとボロスのギルドマスター《戦導者オレリア》を召喚。 こちらは速攻の《オレリア》に空から2回連続攻撃され、あえなく撃沈。

×○×:1-2


ROUND2 vsシミック(青緑)
1戦目:
互いにマリガンなし、こちら後手スタート。
こちらは《影小道の住人》からスタートし、相手は《シュラバザメ》と《エリマキ眼魔》を展開。
こちらのディミーアは、シミックに対してサイズ負けするために場を支配されるも、ギルドマスター《ディミーアの黒幕ラザーヴ》を召喚。
《ラザーヴ》を活かすため《ディミーアの魔除け》などで相手の墓地にクリーチャーを落とそうとするも、なかなか強カードが落ちず。
そうこうするうちに相手は《力線の幻影》や《反乱の始源体》を展開。こいつらに殴られて敗北。

2戦目:
互いにマリガンなし、こちら先手スタート。
1戦目と同じく相手の《シュラバザメ》と《エリマキ眼魔》に苦しめられ、更に《シュラバザメ》が進化し、1戦目よりサイズがでかくなる。
こちらは《鍵達人のならず者》や《ディミーアの黒幕ラザーヴ》で防衛線を張るも、《エリマキ眼魔》のパンプ能力がいやらしく、常に後手に回る展開。
相手のデッキに《スカルグの大巨獣》があるのを1戦目で確認したので、なんとか《ラザーヴ》がこいつに変身できないものかと思ってましたが、なんと《反乱の始源体》と一緒に相手の手札にあったというオチ。
結局、そのまま《エリマキ眼魔》に押し切られ、敗北。

××:0-2


ROUND3vsオルゾフ(白黒)

1戦目:
こちらマリガンで先手スタート。
相手は《聖堂の護衛》で地上を守りつつ、《果敢なスカイジェク》 や《重要人物のペット》などでビートを開始。
こちらは《死体の道塞ぎ》や《ドレイク翼の混成体》の守りで大隊のための3体以上の攻撃を防ぎ、《束縛の手》の暗号化 + 《死教団のならず者》で返しのビート。
前2ROUNDと違い、オルゾフはそんなにクリーチャー展開のスピードが速くないので、ディミーアでも受け身にならずにクリーチャーを展開できた印象。

しかし、ここで相手は《天使の布告》で《死教団のならず者》を、《発光の始源体》で《死体の道塞ぎ》を除去。
これでこちらが一転して窮地に立たされると思いきや、《発光の始源体》登場の次のターンに《ディミーアの黒幕ラザーヴ》を召還。
すると相手は《ラザーヴ》とこちらのハンドを警戒してクリーチャーの攻撃をストップ。
場が膠着したということはこちらのライブラリーアウト戦術の始まり..と思いきや、全くそれらのカードは引かず、逆に相手は数ターン後に《都邑の庇護者》からの4/4飛行天使トークンでビートを再開。
結局、《天使》と地味に効いてきた強請によるドレインによりあえなく敗北。

2戦目:
互いにノーマリガンでこちら先手スタート。
相手の流れは1戦目と変わらず大隊クリーチャーのビート、対するこちらは《ディミーアの魔除け》での除去や《外出恐怖症》、《ドレイク翼の混成体》などで受け身の体勢。
途中相手が《正義の勇者ギデオン》を召喚しようとするも、これを上手く《心理的打撃》でカウンター。そして返しに《破壊的な逸脱者》を召喚。
これで勝ったかと楽観視してたら、なんと相手は《発光の始源体》を出し、《破壊的な逸脱者》を除去。あばばばば..
こちらはその後《破滅小径の仲介人》などで除去を引くことに望みをつなぐも、結局《発光の始源体》にボコボコにされ、敗北。

××:0-2


ROUND4vsボロス(赤白)+黒

最終戦。
今日は会場まで自転車で1時間弱かけて来たのですが、 さすがに全敗だと帰りが気持ち的に辛いのでここはなんとか勝ちたいところ。

1戦目:
こちらマリガンで後手スタート。
相手は土地が2枚で止まり、クリーチャーも《爆弾部隊》と《火拳の打撃者》のみの召還。
対するこちらはマリガンながらも本日最高の周りを見せ、《賢者街の住人》→《ディミーアの黒幕ラザーヴ》→《破壊的な逸脱者》と召還。
さすがにこれでは..ね。

2戦目:
互いにノーマリガンでこちら後手スタート。
相手は1戦目のクリーチャーに加え、《宮廷通りの住人》を召還するも、また土地が止まる。
対するこちらは《死教団のならず者》、《鍵達人のならず者》でならず者ビートを開始。
更に《影小道の住人》の威嚇ビートも始まり、これらブロックされないクリーチャーで相手のライフを削りきる。

○○:2-0

備考:
ROUND4で戦った方は、貰ったギルドはオルゾフだったけれど、黒白があまりに弱く結局ボロスがメインになったそうです。
やはりシールドは運も絡んできますね..


最終成績
1勝3敗(3-6)

雑感
・大会としては、赤系のボロスとグルールが目立ってた印象
・シミックは進化を狙うと、デッキが重くなりがちになる(らしいです)
・ディミーアやオルゾフは場を膠着させてから本領発揮なので、ちょっと厳しいかも
・《束縛の手》は使ってみると以外と嫌らしい。《死教団のならず者》との組み合わせは良かった。(《ディミーアの魔鍵》があればもっと良し)

反省会
・そもそもシールドではディミーアをやらない方が良いというのが思ったところ。(ドラフトは別にして)
 → ライブラリーアウトを狙うには《賢者街の住人》や《ダスクマントルのギルド魔道士》などが複数必要だし、
 → 狙えないにしても、前述の《束縛の手》のコンボなどが必要だし、
 → でもライブラリーアウトを狙わないなら、そもそも他のギルドに比べてクリーチャーが弱いので、ディミーアを選ぶ必要が無い..

・しかし自分のプレイングやデッキ構築にも難があったのも事実
 → シールドなので、ダイスで勝っても後手を選ぶのが有利な相手もいたはず
 → 3マナ域にちとカードを集中しすぎて展開が停滞ぎみだった
 → 対戦相手によっては、緑out 白inの戦術もとれたはず。2ROUND目のシミック戦など

以上です。
ではまたどこかのドラフトやシールドの大会で。
関連記事


ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
にほんブログ村
にほんブログ村のランキングに参加してます。↑をポチッと押して頂けるとすごく嬉しいです!

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sunbeat11th.blog134.fc2.com/tb.php/154-107d1bd3
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。