スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港旅行記(1/4) 準備~香港入国~ホテルにて

2011年12月27日 07:20

2011年ももうすぐ終わってしまいますね。

今年は震災を始め、様々なことが起こった年となりましたが、その中で自分はある用事のため人生で初めて海外、香港に行きました。
季節は夏。3泊4日の旅行でした。
その旅行記を年が変わる前にここに書きたいと思います。

今回の内容は事前準備と1日目の出来事(入国~ホテル)になります。
-----
まず事前準備です。

キャリーバッグやパスポートなどの基本的なものは載せませんが、ここで自分が書きたいのは渡航先での携帯を使った通信手段についてです。
複数人数で渡航する場合は特にですが、同行者とはぐれてしまった上に携帯の充電が切れて連絡できないなどの問題が起きてしまったら非常にまずいことになります。
自分は一緒に渡航した友人が海外旅行経験が豊富だったので、その友人から以下のことを教わりました。

・viber
viberはIP通信をするアプリです。
海外では通話は非常に高額になってしまうため、通常の通話に代えてこのアプリで通話します。
iphoneとandroidの両方で使用することができます。

・渡航先での通信キャリア
日本で使っているNTTドコモなどのキャリア通信は、渡航先ではそのまま使えません。
渡航先では日本のキャリアと提携している海外キャリアの通信を、海外パケ・ホーダイなどの設定をして使います。
そのため、渡航前に必ずdocomoショップなどに設定方法を確認しに行きましょう。

・充電方法
携帯の充電ですが、ホテルなどで充電しようと思ったら、コンセントの形が合わないなどで充電できないことがあります。
事前にプラグなどを調べて充電の変換器などを買って持って行きましょう。
自分は友人が持ってくるとのことだったので、現地で借りることにしました。
ですが、二人ともスマホだったため、限られた時間では満足のいく充電はできず..一人一台持って行くようにしましょう。


さて、いよいよここからが旅行記本編になります。
成田空港を離陸し、香港に向かいます。
空港の写真を撮るのをすっかり忘れていたのでここは文章だけになりますが、大体3~4時間程で香港には到着。
日本との時差も1時間しかないので、時差ボケも発生しません。
着いたときには現地時間で23:00頃となっていました。

到着し、荷物を受け取った次は4日間お世話になるホテルへ向かいます。
↓の画像は自分と友人が泊まったホテルの地図です。

ホテルにて02 この地図自体はホテルで配っていたのを貰ってきたのですが、現地に着いた段階では詳しい場所は分らなかったので、空港からタクシーでホテルに向かいました。

空港とホテルは海を挟んた別の島にあるため、タクシーは島と島を繋ぐ高速道路みたいなところを走っていきました。
このときの運転が日本のタクシーよりめちゃめちゃ荒く、かつ鬼のようなスピードで運転され、若干の恐怖を覚えましたw

まあしかし、とりあえずは無事にホテルに到着しました。
九龍島の太子(プリンスエドワード)というところにあるホテルです。


ホテルに到着してカタコトの英語でチェックインをした後、小腹が空いていたので買出しと近所の散策を兼ねて、ホテル近くのコンビニに向かいました。

コンビニ


コンビニはセブンイレブンです。ドラえもんの映画のポスターが貼ってありました。
香港のコンビニはセブンイレブンしか見なかったような気がします。

で、このコンビニで面白いエピソードがありました。
私は100香港ドル(HKD)程度の買い物をしたのですが、そのとき1000HKD札1枚しか持っていなかったので、それを差し出したところ..

店員「Small please.」
自分「No, Sorry.」

といったやりとりがあり、そのあと店員があからさまに嫌そうな顔をして、投げつけるようにお釣りをよこしました。
# 面白かったです

前述のタクシーの運転手にも同じようなことを言われたので、大きいお金(お札だけ)を使って安いものを買うことは香港では嫌がられることなんですね。

ホテルにて チンタオ

買いだし結果。
見ての通り、出前一丁などの日本のカップラーメンも売ってました。
飲み物などもありましたが、日本からの輸入品は若干高かったです。

そして右の画像は日本でも売ってる500mlの青島(チンタオ)ビール。
これがなんと日本円に換算すると1本150円、2本セットで約175円(!)というお値段。2本セットの値段は商売する気あんのかという値段です。

あと、オススメはカップ焼きそば。
辛いものと辛くないものの2種類あったのですが、辛いものが非常においしく、おみやげに買っていきました。

100香港ドル

100HKD、コンプリート。
お札は1000,500,100,50,20,10HKDのものが流通しています。お札以外に硬貨もあります。
当時は大体、1HKD = 10~11円くらいのレートでした。


さて、今回はこれで終了です。
次回は昼間の香港市街の様子を写真で振り返ります。
関連記事


ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
にほんブログ村
にほんブログ村のランキングに参加してます。↑をポチッと押して頂けるとすごく嬉しいです!

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sunbeat11th.blog134.fc2.com/tb.php/137-d7965ee4
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。