スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xperia SO-01B、REGZA Phone T-01CでAPNが意図せず変更される問題について

2011年08月07日 10:42

先日、docomoから自分のところに以下のお知らせが届きました。

resize_2011-08-06 11.41.23


これは、ちょっと前にdocomoから「ドコモスマートフォン Xperia SO-01B」および「ドコモスマートフォン REGZA Phone T-01C」において、“アクセスポイント(APN)が意図せず変更される”事象に関するお知らせという内容で発表されていたもののようで、今回自分が返金対象になったので送られてきたようでした。
そういうわけで7月の料金を見てみると、なんと8400円も値引かれているではありませんか。
My docomoアプリのグラフを見るとガクっと下がっているのが分かります↓

resizeIMGP0148.jpg


この8400円ですが、自分の場合以下の使い方が原因かなと思いました。
光ポータブルとXperia -SIMカードを使い分ける-の記事のようにAPNを変更して外部機器でデータ通信を使用した分
・ 7月下旬に海外渡航したので、その期間APNを変更して海外パケ・ホーダイを利用した分

これらの使い方は、docomoのお知らせから引用すると以下の内容に合致します。
(2)の事象 (想定している定額以上の料金本来は発生しない定額上限以上のパケット通信料が発生する)
1.海外渡航時等に、mopera.net等のAPNを作成して使用されたことがある
2.Android OSのバージョンが2.1以上
3.mopera Uなど従量制APNに接続可能なプロバイダをご契約されている

でも外部機器でのデータ通信にしても、海外パケ・ホーダイにしても、しっかり設定してMAXまで使ったのに返金対象になったのは何故でしょうか?
少しでもその可能性のあったということなのでしょうか?

一応、docomoショップに行き以下のような回答は貰いましたが、明確な確証は得られず終いでした。
# docomoの担当部署にも繋がらないし
・外部機器のデータ通信はスマートフォン定額のAPNから勝手に切り替わっていた可能性がある
・ 海外パケ・ホーダイは金額の上限に達していなかったのに上限に達したように表示された可能性がある

特に海外パケ・ホーダイに関してはなかなか起こりえない話だとも思いましたが、深く追求はしませんでした。 (仮に返金の金額が減額されても損するのは自分なのでw)

何にせよ8月以降は起こらないそうなので、もうこういった心配は無いと思います。
関連記事


ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
にほんブログ村
にほんブログ村のランキングに参加してます。↑をポチッと押して頂けるとすごく嬉しいです!

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sunbeat11th.blog134.fc2.com/tb.php/123-cde242a3
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。