スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RealLPCとマルチ音源を比較してみた

2011年06月20日 06:50

最近、RealLPCというエレキギター専用音源(のTrial版)を使っているのですが、手持ちのマルチ音源であるD-Proとどのくらい音が違うのかを比較してみました。
比較用の楽曲はthe HIATUSの「紺碧の夜に」で、Aメロの一部をスコアを見ながら打ち込んでみました。
以下、同じMIDIを使い、エフェクトはGuitarRig4とEQ、VintageWarmer2を使っています。

・D-Pro 音色:08-Guitars Les Paul(natural)


・RealLPC(Trial版)



如何でしょうか?
なんというか、音が全然違いますね。
RealLPCの方が音が太く、綺麗に(?)歪んで聞こえます。
# そもそも、ギターの音色がそれほど豊富ではないD-Proとの比較というのが間違ってるのかもしれませんが。

やはり専用音源は強しといったところでしょうか。


・おまけ
ギターをもう1本とベースとドラムを加えてみました。(ドラムの旋律は手持ちのMidi素材を使ってるので、スコア通りじゃないです)
関連記事


ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
にほんブログ村
にほんブログ村のランキングに参加してます。↑をポチッと押して頂けるとすごく嬉しいです!

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sunbeat11th.blog134.fc2.com/tb.php/116-ef56128b
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。